会社に行きたくないあなたへ

心理カウンセラーとして100人以上のうつ病回復をお手伝いしてきました。「会社に行きたくない」あなたへお伝えしたいコトを書いていきます。

頑張っているひとこそ報われない

私は極力楽をして生きていきたいというとてもシンプルな人間です(笑)。
でも頑張らないと楽はできない。頑張った末にお金がもらえて幸せな生活ができると親にも教えられましたし、うつに悩んでいたころは実際そう思っていました。

 

でも本当にそうでしょうか。

 

周りにいませんか?特に苦労していないのに幸せに暮らしている人間が。

 

頑張る病に陥っていた当時の私にはまったく見えていませんでしたが、そういう人は結構世の中にいるんです。
残業当たり前で仕事をバリバリこなすなんてとんでもない。自分の仕事をうまいこと人に渡して定時に帰り、自分の趣味に没頭する。週末にはレジャーで日焼けし、真っ黒な格好で始業時間ぴったりに出社し、マイペースで過ごしている人が。

頑張っている人からするととんでもないやつだと思うかもしれません。
でもよく考えてみてください、それはダメなことですか?
そういう人の会社の評価は頑張っている人に比べてとんでもなく低いですか?

 

多くの場合、むしろそういう人は会社の評価が高い傾向にあります。
他力(他人の力)をうまく使える人間は、マネジメント能力が極めて高いからです。

 

同僚からは陰で「あいつ好き放題やりやがって」と思われているかもしれません。
でもそんなことはその人には関係がないのです。


なぜなら頑張っている人こそ報われないことを知っているから。

 

むしろ陰で「みんなまだその(頑張っても報われない)ことに気づかないんだな。かわいそう。」と思っているかもしれません。

 

だって仮に、死ぬほど頑張った人が評価されたところで、この不景気の時代、給料なんてそんなに差がつきませんよ。頑張っただけ損です。

 

リアルに、頑張っている人こそ報われないんです。

 

こういうドライな考え方は日本人は嫌う傾向にあります。
我慢が美徳だとずっと教えられているからです。
でも本当にそうですか?

頑張ってないのに早く帰れて、給料もちゃんともらえて、好きな趣味に没頭する、その生活は本当に悪ですか?

人として当たり前の選択だと思います。
なぜ皆さんわざわざ実入りが少ないつらい道を選択するのでしょうか。

 

他に楽な道があれば、そこを歩けばいいじゃないですか。
そして、それは会社をやめなくてもできることです。