会社に行きたくないあなたへ

心理カウンセラーとして100人以上のうつ病回復をお手伝いしてきました。「会社に行きたくない」あなたへお伝えしたいコトを書いていきます。

ひとりで問題解決しようとする人こそ迷惑

私がうつの真っただ中だったころ、馬鹿みたいに必死になって働いていたころは、「問題が発生したら、できるだけ他人に迷惑をかけずに解決しよう」と思っていました。
結果的に残業することになっても、自分が担当する仕事なのだから自分がやるしかないと。

 

そしてある日、いつもマイペースで仕事をする1人の同僚がミスによりトラブルを抱えてしまいました。多方面に迷惑がかかるかなり大きな問題です。その同僚がどういう行動をとったのかというと、「その日もいつも通り定時に帰宅」したのです。

頑張ることが正義だと信じていた当時の私には全くその行動が理解できず、苛立ちさえ覚えたのを記憶しています。

 

でも「頑張る病」を卒業した今、改めて思えば、それはとてもスマートな行動なのです。

トラブルの処理には多方面との調整が必要でした。そしてあまりにも大きな問題であったため、一人の手で処理できるような問題でもなかったのです。その同僚は、関係する部署に謝りの電話を入れ、「どうすれば解決すればよいのか自分にはわからないので教えてほしい。」と伝えました。そしてその相手は「お前一人のせいでもないし、お前一人で解決できる問題じゃないからそんなに気にするな。とりあえず今日お前ができることはないよ。」と答えたのです。

そのやりとりの後で定時帰宅しているのです。

当時の頑張る病の私には、「ミスをした人は定時に帰る資格はない。」という謎のルールが頭の中にあったので、苛立ちを覚える結果になったのですが、「ミスをした人が定時に帰ってはいけない。」理由は今考えても何も浮かびません。

 

逆にこれならどうでしょうか。
ミスをした同僚が、(自分一人で解決できる問題でもないのに)責任をとるかのように残業をし、深刻な表情で机に夜遅くまで座っている。

いやいや、そんなことをされたら周り(特に上司)が迷惑しますよ。

 

会社なんですから組織で動くのです。
自分ひとりで全て問題解決しようとする人間こそ迷惑なのです。
もっと言うと、ここで頑張っても報われないのです。

 

ずっと働いていれば、大きなミスをすることは誰にでも起こりうることです。そんなとき、他力(他人の力)を使えるかどうかが早期解決の秘訣なのです。

 

何事も全部自分で解決してしまう傾向のある方は、もっと気楽に考えましょう。

 

多くの人を巻き込めば巻き込むほど、そのミスは速く解決します。
ストレスも軽減されます。何より楽ですしね。

そして、多くの人を巻き込んだことについて、会社から評価を下げられることはありません。会社にとってしてみれば、ミスを迅速に解決してくれたことを評価する理由にはなっても、評価を下げる理由にはなりようがありません。

だってそうしなかったらもっと傷が開いていたかもしれないのですから。

 

どうせなら楽で、問題も早く解決できる道を選びましょう。
人に小さな迷惑をかけ続けることが、大きな迷惑を回避する秘訣です。

 

仕事なんて、図々しくやっていいんですよ。