会社に行きたくないあなたへ

心理カウンセラーとして100人以上のうつ病回復をお手伝いしてきました。「会社に行きたくない」あなたへお伝えしたいコトを書いていきます。

疲れているのにエレベーターを使わない人たち

私が以前勤めていた会社には、エレベーターがあったのですが、電気代削減のために、5階以下の移動の場合は使用禁止という張り紙が張ってありました。

私は当時、エレベーターの電気代がどれほどなのかよく分かっていなかったのですが、素直にそれを守っていました。

 

残業続きで、疲れきっていた時も、ずっとそれを守っていました。

 

一方、私の同期の一人に、要領よく毎日定時に帰っている人がいました。その同僚は5階以下の移動禁止というルールを全く無視してエレベーターを利用していました。ルールを守ることが大切だと思っていた私は、それを見るたびに気になっていたため、ある日雑談ついでに、なぜ階段を使わないのか聞いたことがあります。

 

そこで帰ってきた答えはとてもシンプルです。

「エレベーターの方が楽だから」

 

その当時は「まあ、そういう考え方もあるか」くらいにしか思いませんでしたが、心理カウンセラーになって今考えると、うつになる人とならない人の違いはこれなんだと思います。

 

私も含めうつになるような人は、ルールをとても厳格に守ります。そしてまたルールによって疲れていくのですが、どんなに疲れていてもそのルールから脱出できません。というより「脱出しようという発想がない」のです。

 

話が飛びますが、エレベーターは何故発明されたのでしょうか。

おそらく、「階段より楽に早く移動できるようにするため」だと思います。

 

私は当時、仕事で疲れているときもずっとエレベーターを使っていませんでしたが、今考えれば、「疲れている私が使わなかったら、いったい誰が使うんだ」「何のためのエレベーターなの?」ということなんです。

疲れたときは楽をしていいんです。そのための道具です。

 

そしてそれば仕事でも同じことが言えます。疲れて業務が全然片付かないときは、自力解決はさっさとあきらめ、使える他力(他人の力)を利用することです。

 

仕事を他人に手伝ってもらうことに対して罪悪感を持つ必要はありません。それこそ「疲れ切っている人間が他人にお願いできないならば、何のための会社組織なんだ」ということなんです。

フォローしあい、誰かが病気の時にも安定して仕事を行うことができるようにするために、組織というものはあるんです。

 

会社自体が忙しい場合は、なかなか他人に仕事をお願いすることがハードルが高いかもしれませんが、うつの症状がみられる方は、まず、今できることのうち「楽をすること」を徹底的に探してください。

もちろんエレベーターを使うこともその一つです。